私が健康と美容のためにやっていること

年齢を重ねるにつれて健康や美容に様々な悩みが出てきました。
若いころとは違い日々、どちらもケアを怠らないことが大切なんだと実感しています。
「継続は力なり」という学生時代に先生に言われた言葉が今頃になって身に染みています。

健康法1ウォーキング

健康に関しては、毎日一時間のウォーキングか20分のジョギングのどちらかを日課にしています。

歩く道
きっかけは、子供がクラブ活動の一環で自治体で開催される「ジョギング大会」に親子で参加することになり、年十年ぶりかに「走る」という行為をすることになったのです。
長年の運動不足だった私がいきなり運動をすると「体を壊しかねない」と心配になった夫が独自にネットなどで情報を収集してくれた結果、まずは、「ジョギング大会で走る距離を歩くから始めたほうが良い」とのアドバイスをくれました。
そこで、自宅周辺を万歩計を付けながら毎日自分のペースで3キロのウォーキングを始めました。
はじめのころは、たった3キロの距離を歩いただけなのに全身が筋肉痛になり、先が思いやられましたが、毎日続けていくうちに楽に歩けるようになりました。
歩くことが容易になったら次は、同じ3キロを走ったり歩いたりというのを繰り返していきます。
そして最後には、3キロをランダムに走れるようになりました。
走るといっても歩いているのと同じぐらいのスピードですが、それでも走れるような自分になったことに感動を覚えました。

ジョギングを始めてから感じた体の変化は「むくみの解消」「体が疲れにくくなった」ことでした。
身体だけでなく気持ちも「なんでもできる」と前向きに変化してきたのには驚きました。
ジョギングなどの有酸素運動は一定のリズムを刻むことで脳へのリラックス効果もあるのです。
無事に、親子でジョギング大会も完走することができて「まだまだできるんだ」と自分にも自信が持てました。

「せっかく走れるようになったのでこのままやめてしまってはもったいない」という気持ちと明らかに「体調がよくなったのを維持したい」の二つの要素でいまだに続けています。

美容法は、半身浴×水素サプリ

お風呂

美容に関しては、半身浴と水素サプリメントが日課となっています。
半身浴はぬるめのお湯にゆっくりとつかることで、じわじわと汗をかくのでデトックス効果が期待できます。
大好きな本や雑誌などをお風呂に持ち込み読んでいるとあっという間に時間がたちます。
また、疲れた日にはお気に入りのアロマオイルを湯船に落とすとよりリラックスできます。
半身浴で良く汗をかいて、皮脂や毛穴の汚れなどをしっかり落としたら今度はシートマスクでしっかりと肌を保湿していきます。シートマスクは7枚入り400円の安いものを使用していますが、毎日15分程度放置時間を設け肌に塗布するだけで翌朝のお肌の状態が良くなります。

そして年齢により肌はくすみがちなのですが、水素サプリを飲み始めて二週間後くらいには朝のくすみが解消されて透明感のあるお肌に生まれ変わります。水素サプリを飲んだきっかけは雑誌で話題になっていて水素サプリのランキングを気にしてみたことです。その時に水素の専門サイトを見ているうちに、美容に効果が高いことが分かって、半信半疑で初めてみました。

活性酸素自体はある程度身体に必要な物質であり、私たちを守ってくれているものでもあります。

ただ、その強い攻撃力が原因で、病原菌などと一緒に体内の細胞や血管をも傷付けてしまう(酸化させてしまう)ものなのです。それによって肌の細胞が傷付けられた結果が、「シミ」や「シワ」を代表する老化現象としてあらわれるのです。

つまり過剰に発生した活性酸素が老化の原因になる、という事です。

水素に美容効果があるといわれているのは、この過剰に発生した活性酸素を除去・抑制してくれる働きをもつからなのです。

参考:http://suisopilates.com/%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e3%81%8c%e8%82%8c%e3%81%ab%e4%b8%8e%e3%81%88%e3%82%8b%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a7/

実際に飲み始めているとほんとに、おなかの調子もよくなるし、以前水素水にこだわって飲んでいた時よりも、効いてる感じがしています。

私が実践している健康や美容に良いことはどれもコストがあまりかかりません。
エステサロンでの施術やスポーツジムに通うことも魅力的ですが、お金のかからない健康や美容法もおすすめです。